free web hit counter
日記

平安女子の楽しい生活を読んで

おはようございますよく寝ました

今後読むか気になったのは源氏物語でしたへー平安女子の楽しい生活について話していきたいと思います

光源氏を中心に平安時代の人々の恋模様が描かれている現に問題を読んでいたら平安時代の人ってどんな生活しているんだろうとすごく興味が高まってきました

そしてそこで手に取ったの部屋中楽しい時間でした古典から出てくる文献から平安14歳の女性たちが一体どんな生活をしていてどんなものに興味持っていたのか解説されています古典と言うとちょっと難しいものを想像していますがこの本はほとんど部分が現代の言葉で書かれているので凄く読みやすいし分かりやすいのです

まず私が興味を惹かれたのは平安時代の女性たちのファッションの話でした平安時代の女性たちと言えば十二単をまとっているイメージがありますが十二単と言うとものすごく枚数の干物日重ね着しなければならないのできるだけでも一苦労しさらに季節や場面に応じて色や柄柄の組み合わせ感が痛そうでそれを選ぶのも大変だったと思います部屋の時代の女性と言えば黒髪ロングのイメージがありますがときには上にエクステの夜をつけることもあったそうです

ファッション以外にも平安時代の女性で美人とされたのはどんな顔だったのかとか好きな人がやりたどうしていたのかとかそんな時代の女性たちの恋愛事情についても描かれています当時恋文をやり取りするにはばか若を送るのが普通だったと言う事でもたった31文字と言う短いは家の中に笑える文章盛り込んだりちょっと皮肉だったりいろんな意味を込めて送っていたそうですしかし下若の手紙が届いたらできるだけ早く帰されたならないのでさっさと帰ってして送り返していたのだとか国語の授業でわかや俳句薬ぱぱっと作ってしまうような清楚な子供ようですが私はすぐおこないますだから日曜的な顔使っていた平安時代人たちを尊敬していますそして強く持ってません以上の昔に来た返事の妖精たちも現代の私たちみたいにおしゃれや声に悩んだり考えたりしていたいんだなぁと言うことをこの本を読んだらきっと平安女性として親近感が湧いてくるはずですよ

ではまた