日記

CMで有名なUQ wimaxのおすすめの5つのポイント!

uq wimaxuq wimax

CMで有名なUQ wimaxのオススメのポイントについて

CMで有名なUQ wimaxのオススメのポイントについてご案内いたします。
 
皆さんはモバイルルーターは何を使っていますか?
モバイルルーターにはUQ wimaxがおすすめです!
 
そこでUQ wimaxがオススメの理由について案内致します。
WiMAXのメリット
工事不要で気軽に持てる
モバイルインターネットとしては最も速い
通信制限がほとんどない
月額料金は比較的安い
オプションでauのLTE回線が使える
auユーザーはスマートバリューも可能
新規申し込みキャンペーンが魅力的
機種変更ができる
WiMAXのデメリット
WiMAXは基地局が少なく、壁等の障害物に弱い
通信速度制限がないわけではない
WiMAXは原則3年契約の自動更新
専用ルーターが必要
 
WiMAXは外出時にインターネットをどんどん使いたいという人に最適です。
 

UQ wimaxについて

インパクトのあるCMでお馴染みの
UQ wimaxに興味を持つ人が増えています。
 
インターネットに関係していることは分かるけど、
具体的なサービスについては把握していない人も多いでしょう。
 
簡単にいうとパソコンやスマートフォンといった情報端末以外に、
UQ wimaxの専用端末があれば場所を選ばずに
インターネットを利用できるサービスです。
 
ぜひ快適なスマホライフを過ごしてください。
 

UQ wimax選ばれる理由

UQ wimax選ばれる事にはいくつか理由があります!
 
WiMAXの5つのポイントがあり、これがメリットになります。
 

POINT1 家でも外でも、インターネット!

 

家でも外でもインターネット家でも外でもインターネット

引用:http://www.uqwimax.jp/beginner/wimax/

POINT2 ドーンと広い超速エリア

POINT3 ギガ放題でたっぷり使える!

 
 

POINT4 工事不要・即日開通ですぐ使える!

 
 

POINT5 ケーブル不要でお部屋スッキリ! UQ WiMAX、だぞっ

 
 

UQ wimaxがオススメの理由

非常に便利であるのは確かですが、
他にも類似のサービスは多くあります。
 
それらを知っている人は、
なぜUQ wimaxがおすすめされるのか分からないかもしれません。
 
類似のサービスより秀でている主なポイントは以下のとおりです。
 

オススメポイント1 ストレスを感じない

まず使用者にストレスをほとんど与えないことが挙げられます。
通信速度がとても速いのはもちろんですが、
それだけでは類似のサービスの中で群を抜いているとは言えません。
 

オススメポイント2 速度制限が厳しくない

特筆すべきは速度の制限が強くないということです。
制限が強いサービスだと、
いくら高速通信であっても自由気ままに使うわけにはいきません。
 
一定の通信量を超えてしまうと速度が急激に遅くなるため、
常に通信量を気にする必要があります。

ご契約内容による速度制限の取り扱い

UQ Flatツープラス
auスマホ割2年
ハート割
期間条件なし
当月の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が7GBを超えた場合に、
当月末までの「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度を送受信最大128kbpsに制限します
(通信速度の制限は、翌月1日に順次解除されます)。
UQ Flatツープラス
4年※
ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信において、通信速度制限(月間7GB超)は適用されません。
ただし、LTEオプション対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードのご利用により
制限が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。

 
月の通信量が決めているサービスや、
3日あたりの通信量に制限を設けているサービスなどが一般的です。
それに対してUQ wimaxは制限が弱いため、
極端な使い方をしないのであればあまり気にしなくても大丈夫です。
 
月の通信量を制限していないプランもあるので、
そちらを選べばさらに使いやすくなるでしょう。

 

料金プラン

また料金体系が分かりやすいこともおすすめの理由の一つです。
 
他のサービスでは、いろいろなオプション料金が加算されて、
事前にはいくらになるのか把握しにくい場合があります。
 
しかしUQ wimaxはプランごとに金額が明記されており、
人にもよりますがシンプルにその分だけを
支払うだけで済むケースが多いです。
 
通信量の制限を受けにくいため、
制限を解除する料金も払う機会も少ないでしょう。
 
これらは長く使い続けていくうえで重要なポイントです。