日記

評判が高い株取引のアプリはマイトレード

ソフト開発を行っている企業と大手の携帯電話キャリアが協力し

リリースしているのが、マイトレードという投資管理を目的としたツールです。

資産管理をするためのツールと言えば金融機関における

残高を管理するためのツールが有名ですが、

マイトレードにおいてはそうした仕組みを

株式投資の管理に特化させたものになっています。

そうした株式投資に纏わる管理ツールという形で

ロスカットと呼ばれる損切りや利益確定を設定する事が可能であり、

保有証券を一元管理できるようになります。

そのような充実したマイトレードは一つのアプリで

3つの証券会社が利用可能であり、

口座にすると3つまで無料で利用可能です。

そしてアプリという事もあり常日頃手元に置いておくスマートフォンで利用するため、損切りや利益確定の際には通知でお知らせをしてくれるのでいち早く最新情報が知られますし、トレードに纏わるメモをする事もできます。
また、これまでの資産管理ツールとの異なる点として銘柄毎にポートフォリオ管理や保有証券、損益状況を理解する事ができます。
記録するログイン情報はそれぞれの証券会社の情報のみで簡単なのですが、少ない情報だけで保有している証券に関与する情報が集められる上に、あらゆる通知や分析がアルゴリズムにより行われます。
プッシュ通知機能を用いれば、ストップロスや利益確定ラインが生じた際に速やかに通知して頂けるので、各社で保有している証券に統一性が無いといった投資家でもトレードのタイミングを逃さずに管理可能です。
マイトレードの評判が高いのは無料のプランであるのに充実したサービス内容が提供されている点であり、他社製アプリの場合だと有料プランでなければ利用できない機能が無料で利用できます。
毎日の取り引きを自動的に集計してくれるのは当然のことながら、取り引きの履歴と資産推移を1年間分記録してくれますし、分析レポートも示してくれます。
また、500円の有料プランに入れば登録可能な口座数が10社まで増えますし履歴に上限が無くなります。