日記

【情熱大陸・感想】落合陽一さんの話がとても面白かった。

落合陽一

昨日落合陽一さんの情熱大陸を見たのですが、

とても面白かったです。

 

落合陽一さんの話がとても面白かった。

1.落合陽一について

落合 陽一さんは、日本の研究者、大学教員、博士(学際情報学)、メディアアーティスト、実業家といろんな事を行われております。

現在は筑波大学 学長補佐・図書館情報メディア系助教デジタルネイチャー研究室主宰を担当されています。

略歴

開成高校卒業
筑波大学情報学群情報メディア創成学類卒業
日本学術振興会特別研究員 DC1
東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了) (博士指導教官:暦本純一)
Pixie Dust Technologies CEO (2015-)
筑波大学図書館情報メディア系助教 デジタルネイチャー研究室主宰 (2015-)
筑波大学学長補佐 (2017-)
大阪芸術大学客員教授 (2017-)
デジタルハリウッド大学客員教授 (2017-)

人物

出身

東京都出身、六本木育ち。

学歴

開成高等学校、筑波大学情報学群情報メディア創成学類卒、
東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了者)。博士(学際情報学)。

 

本人が提唱する「デジタルネイチャー」という価値観に基づいたメディアアート作品を研究及び制作。

コンピュータとアナログなテクノロジーを組み合わせた視覚的・触覚的作品やデジタル装置を用いてアナログな実体を駆動する研究で知られる。

Pixie Dust Technologies inc およびジセカイ株式会社を創業
現在は、
DMM オンラインサロンにて「落合陽一の解体魔術講座」開設中。

エピソード

お父さんは国際政治ジャーナリストの落合信彦。叔父は空手家(和真流宗家)の落合秀彦。従兄弟はLady Gagaの主治医を務めたデレク・オチアイ。名前の由来は+(プラス)と?(マイナス)。子どもの頃からシャボン玉が好きだった。

座右の銘は「変わり続けることを変えず、作り続けることをやめない」
科学技術の発達を予測し、未来に備えるための本を執筆している。ただし、予測が外れても責任を取るつもりはないとしている。

代表的な作品

コンピュータや電子回路といったデジタル装置だけでなく、
コマやシャボン玉、虫眼鏡や万華鏡など古典的なアナログ装置を作品制作に用いることが多い。

電気がみえるデバイス (2009年) - 電子工作やメディアアート制作に用いるブレッドボードをモチーフにした電圧を可視化する作品。

ほたるの価値観 (2010年)- 発光ゴキブリをテーマにしたインスタレーション。

ホタルとゴキブリを対比して命の価値を問う作品。

Homunculus (2011年) - 人間と車を一体化し、
視線やジェスチャーが出る車を走らせる作品。

The Cyclone Display (2011年・ACM SIGGRAPH)- コマの回転錯覚で情報を表現する物理的なピクセルで構成されたディスプレイ。

ヒューマンブレッドボード (2011年) - 電子工作やメディアアート制作に用いるブレッドボードをならべた作品。

人間が昆虫や植物と並列に接続され電子回路を形成する。視野闘争のための万華鏡 (2011年・ACM AH / 府中市美術館) - 視野闘争を意図的に引き起こすための両眼万華鏡。

The Colloidal Display (2012年・ACM SIGGRAPH / 2016年・KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭) - 質感表現のための薄膜ディスプレイ。

モナドロジー (2012年・Tokyo Designers Week 2012 / MMM2012 / 2016年・KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭)- 暗室の中で輝く単光源に照らされたシャボン玉の作品。

アリスの時間 (2012年・府中市美術館): 実物投影機を並べることでフィルムを使わないアニメーションを作る作品。

煙のオリハルコン (2012年・バーニングジャパン): - 炎の構成要素を煙、
光、熱とし、それらを猛烈に発散するインスタレーション。

浮遊都市の透視法 (2013年・Tokyo Designers Week 2013) - 都市と高速道路を模した透明な道の上をたくさんの車が走っていく作品。

飛鼠の振り子 (2013年・Tokyo Designers Week 2013)- 暗闇の中で金属板が揺れ動きコウモリにような音をたてる作品。

三次元音響浮遊 (2013年) - 超音波によって様々なものを空中に浮かべ三次元的に動かす研究。

ピクシーダスト (2014年)- 超音波によるフィールドで空中に絵を描く研究。

Fairy Lights in Femtoseconds (2015年) - 空中に触れる光をレンダリングする研究。

Holographic Whisper (2016年) - 空中に超音波集束による点音源を作る研究。

幽体の囁き (2016年・KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭) - 廃校の校庭に空間音響技術を用いて人の気配感を作り出す作品。

ゾートログラフ (2016年) - ゾートロープとキネマトグラフを融合した作品。

カナヘイとのコラボレーションも行った。

Levitrope (2016年) - 空中に浮いた金属球によるインスタレーション作品。

Wearable One OK Rock (2017年) - 着る音楽というコンセプトで作られた衣服。

ONE OK ROCKとのコラボレーション。

著作

『超AI時代の生存戦略 - シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト』(大和書房、2017年)
『これからの世界をつくる仲間たちへ』(小学館、2016年)
『魔法の世紀』(Planets、2015年)
『静かなる革命へのブループリント - この国の未来をつくる7つの対話』共著(河出書房新社、2014年)

作品掲載

Wired 2012年10月号 増刊
モノ・マガジン特別編集「LORO」
Wired Vol.11, 2014年3月号

 

2.TEDのスピーチ

3.関連記事

 

4.twitter


5.instagram


#落合陽一

 

おわりに

いろいろ開発頑張ってください。

 

 

 

 

 

Twitter随時更新中
Facebookページはじめました

ポータルサイト運営しております。

ブログはこちら

キュレーションはこちら