free web hit counter
日記

その努力を無駄にしないために、要領のいい仕事が出来るようになる考えかたとは

一生懸命に仕事をする、というのはどういうことでしょうか。

決められた作業リストがあって、それを全部こなすこと、
時間をかけてでもやりきること、そういったことも
一生懸命に仕事をすると言えるでしょう。

しかし、それだけでは価値のある仕事に繋がらないことも多く、努力が無駄になることもあります。

一方で、どこにでも要領のいい人はいます。

要領がいい人は、仕事も早く終わらせることができて、しかも評価される仕事をしています。

短い時間で成果を出せる方が、沢山の価値を産むことは違いありません。

では、そうした人たちは産まれ持った能力が高いのでしょうか。

それもあるけど、それだけではないでしょう。

そもそも、要領がいいことと、努力することは排他的ではありません。

要領がいい・要領が悪いという軸があるなら、
努力する・努力しないという軸もある筈です。

それは4象限で考えることが出来ます。

要領が悪く、努力もしない人はどうしようもありません。要領はいいけれど、
努力しない人に、要領が悪くても努力する人が勝つことができれば美談になります。
ただ、現実で最もいいのは、要領が良くて、その上で努力することです。

とりあえず、忙しいので続きは今度書きます。